五足のわらじ -ママ診断士のブログ-

3児を育てながら、フリーの中小企業診断士として活動中。 仕事・育児・家事とバタバタの毎日ですが、自分の人生に満足できる生き方を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一の非難者

先日、たまたま私の従兄(40代独身男性)と会いました。子どもも母も一緒です。小さいころからずいぶん世話になったおにいちゃんです。
(いまだに○○にいちゃんと呼んでます^_^;)

今は年に数回しか会わないその従兄が、2回に一度は言うんです。

「なんで働くの?」

悪気があるわけじゃないし、非難と言っては大げさですが、「子どもは母親がみなあかんのに、自分勝手な」という考えが言外に透けてみえます。

働く母親の世界では、こんなのはよくある話。
私は幸いにして、身近な人間で、その類のことを口に出すのはこの従兄ONLYです。
母も義母も夫も、私が働くことを応援してくれているのは本当に幸いです。
たったひとりくらい、そういう考えの人がいてもしょうがないなぁ~と思いつつ、次はなんて言い返してやろうかといつも考えています。

今回は、
「そうは言うけど、もし遺産とかでお金があって働く必要がなかったら、仕事辞める?」
と言ってみました。

回答は、あっさり、
「うん、辞める」

ホンマか?!

そのあと、慌てて「いや、でも今は子育ての必要があるやん」…と。

じゃ、伯父、伯母の介護はバッチリってことでしょうね!!

ちょっと気になるのは、その従兄の母親(私の母の姉)が、公務員でずっと働いてたこと…。よっぽど恨んでるのでしょうか。

きっとまた言われるので、いいフレーズがあったら教えてください。
「(そんなこと言うなんて)よっぽど仕事、きらいなんやねぇ…(同情)」とか、どうでしょうか。


嬉しかったのは、そのときずいぶん母がフォローしてくれたこと。
母は高卒で、姉が1歳のときに限界を感じて郵便局員を辞め、私が小学5年くらいのときに再就職しました。
再就職では工場のパートからスタートし、事務のパート、経理事務の正社員を経て、60歳で社労士をとって今は労働問題の窓口相談員をしているという、なかなかの異色のキャリア。
普段も、自分の仕事の調整をしてまでも、できるだけ子守を引き受けるように努力してくれます。

私の性格からしてしょうがない、と半ばあきらめて手伝ってくれてるのかと思いきや、先日は従兄に向かって、思いがけず熱弁しだしてビックリ。
窓口相談で、育休明けの人が、以前のキャリアの延長線上でスタートできず、異動やクビで、ゼロからのスタートになってしまう、という相談をよく受けるそうです。
母も、ゼロからのスタートをして、ようやくここまで来た、と思っているのかもしれません。もう少し若いうちにキャリアを積めていれば…との想いもあるのかも。
私も出産から5年、ゼロからの再スタートでここまで来た、という感があります。ブランクが短かったので、短期間で巻き返せたのだと思ってます。

育児で仕事をあっさり手放した母と、がんばって続けた伯母の息子。
なんか逆で、不思議な感じです。

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/miminapu/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

私の返事(妻かな)

お金が無いし、老後が不安やん
旦那が甲斐性なしやから
出来の悪い子で充てになりません
関西の暇なおばはんには成りたくない

最後に真面目に
「私は夢も希望も持っているんです」
「社会と繋がってこその人生でしょ」

興味深いです

こんばんは。
ちょっとご無沙汰です。
このエントリー、興味深く読ませてもらいました。
奥さんの仕事を理由に単身赴任してると
「なんで、奥さんを連れてこれないの(説得できないの?)」とか
「奥さんが仕事したいなら、別に大阪に連れてきて探せばいいじゃん」
とかよく言われます。
古い考えの人が多い職場故ってのもありますが。
働く妻を持つ旦那の立場としても、
いいフレーズ、あったら僕も教えてほしいです。

KABAさま

たくさんありがとうございます!
なかなか難しいですねぇ。
親戚が相手だと、家族を理由にしづらいし、
結果的に専業主婦(を選んだ人)を否定することになるのも本意ではないし…。
仕事が好きじゃない人には、なかなか理解してもらいにくいです。

ブーちゃんさま

そんな悩みもあるのですねぇ。
女性の仕事も男性の仕事と同じくらい大事だ(という人もいる)っていう発想はないのでしょうね。
「奥さんのコントロールもできないのか」なんていう感じが腹立たしいですねぇ。

「いい仕事をしてるのでもったいないんです」とか
「妻が仕事を辞めたら社会の損失ですよ~」とか
奥様の優秀さをアピールする方向はいかがでしょうか?

ありがとうございます

こんばんは。
今のところ、よく使うフレーズは
「旦那が頼りないんで、奥さんが稼いでます(笑)」
そんなところです。

ブーちゃんさま

いつも、奥様とそのお仕事を尊重されてる様子が素敵です^^
離れて暮らすのもお寂しいでしょうけど、仕事と家庭とのベストバランスをうまく追求していきたいですね。

自己ベスト

仕事上すばらしい能力とお母様という先達、理解者を持たれているのに、そのような言葉に影響されていることを残念に感じます。内容や心境が複雑で、かつ人に説明するほどのことではないことは多々あります。笑ってスルーすればいいと思います。よくいいますが、仕事には天命?や使命もあり、自分の人生は全て自分でコントロールできるものでもないと感じます。両立17年ですが、子供が成長してみると、子供、仕事、他の用事、自分のこと。。。色々重なった時期は瞬きのようなもの。その時に自分の根っこを振り返って鍛えられたエッセンスは形と結果になっています。何より、楽しんだほうが自分も周りもよい時間になります。その積み重ねだと思います。結果は良いことばかりではないかもしれませんが、その時その時の自己ベストなので、それでよいのでは?誰からもすべて肯定されるほどの行動が取れる人間はいないと思います。

highmekさま
示唆にとんだ貴重なコメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。長年のご経験がしのばれるコメントで、しみじみ読ませていただきました。
自身のこころもちとしては、本当にそのとおりで、highmekさまのおっしゃるような姿を目指していきたいものです。自分では、働きながら子育てをすることが私にとっても子どもたちにとってもベストな選択だと信じているので、自分の生活にほとんど関係のない人の何気ない発言で、何かが変わるということもないのですが、もしもっと濃い相手からの否定的な発言がもしあれば、やはり重く感じてしまうだろうと思います。

ただ、価値観が異なる人間同士がいたときに、考え方や感情、実態について、「そういう考えの人もいるんだ」という程度でも、相互に伝え合えたら、少しずつでも理解が深まっていくのでは…という思いもあります。(差し障りない程度で)
ブログを書く動機のひとつでもあります。
私の周りでは、幸いに大多数が理解者だからこそ、そんな悠長なことを言ってられるのでしょうね。ご苦労されながら道を拓いた先達には、感謝、感謝です。

はじめまして。私もママ診断士です。
1児でもドタバタなのに、3児とはすばらしい!
そして、ご家族の理解もあるとは羨ましい!!

うちはあいにく、夫が非難者なもんで・・・(苦笑)
でもまあ、なんとか楽しく働いてます。

お仲間に会えて、ちょいとうれしくてコメントしました。
どもども、失礼しました。
がんばってください。

岩崎美紀さま
コメントありがとうございます!
ブログも拝見しました。お子さんまだ小さいようなのに、ご活躍の様子で、
すばらしいですね。夏の大阪の研修では多分同じ部屋にいたと思います。
テレビの方とはランチをご一緒しましたよ~

家族が否定的だとしんどいですね。
ウチは夫はほとんど役にはたたなくてイライラさせられるけど、
非難することはないだけでも、感謝しないといけないかな^_^;

お互いがんばりましょう。
お仲間として、今後ともよろしくお願いいたします!

> 夏の大阪の研修では多分同じ部屋にいたと思います。

えーー、そうだったんですか。
私は教室でテキトーなものを食べて過ごしたような気がします。
わかってたら、お話聞けたのに残念です(って、そんな昔の話を・・)

こちらこそ、今後とも宜しくお願い申し上げます。
いつか、お目にかかれますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mamashindanshi.blog86.fc2.com/tb.php/78-3563bf96

 | HOME | 

プロフィール

chisako

chisako
独立中小企業診断士。
元ゲームプロデューサー。
7歳双子♀♀5歳♂の3児の母。38歳。
お仲間の方、どうぞよろしくお願いいたします!
特に、ママ診断士&勉強中の方、よかったら声をかけてくださいませ。

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • 唯一の非難者
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年07月29日 (火)
  • 00時13分34秒
by AlphaWolfy

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

2017年06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

 

メールフォーム

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

あわせて読みたい

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。