五足のわらじ -ママ診断士のブログ-

3児を育てながら、フリーの中小企業診断士として活動中。 仕事・育児・家事とバタバタの毎日ですが、自分の人生に満足できる生き方を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterでワーキングマザーの声を聞く

1月からTwitterをはじめた。
まずはお試しで…と思ってはじめたが、面白くて、mixiもブログも放置してもっぱらこちらになってしまったので、ここでも告知。
https://twitter.com/chisako_k

さて、初めてからおよそ3ヶ月。Twitterでの交流は、だいたい3つくらいのカテゴリになってきた。
・リアル友達
・診断士
・ワーキングマザー

中でも面白いのがワーキングマザー。フォローしている人だけでなく、ハッシュタグやRTなどを通して、たくさんの働くお母さんたちの奮闘ぶりが日々入ってくる。
共感したり、感嘆したり。

自分自身は、今は自分なりのペースを確立できつつあるので、すでに仕事と子育ての両立の壁については忘れつつあったが、改めて働く母親の現実を痛感する機会となっている。

子どものかわいさや愛情とともに、職場では制限と戦っている様子もひしひしと伝わってくる。とても優秀で、立派なキャリアをお持ちと思われる方々も多く、悔しさ、やりきれなさが響いてくる。

例えば時短。
時短制度があり、使えるのは会社に理解がある、と思われがちだが、「キャリアに悪影響があるので、可能なら時短をとらないほうがよい」という意見も多く見受けられた。実際に、「部下より早く帰る人に管理職はムリ」と降格されたという方も。仕事は減らないでサービスで持ち帰り仕事になるので時短は辞めた、とか、ほかにもパート扱いになってしまったり、退職金の算定に入らなかったりと驚くような制度もあるようだ。

法律に従い、制度さえ用意されればOKと思っている男性(に限らないが)も多いが、こういう現実の声をもう少しリアルに理解してもらえたら…。
「今は多少キャリアにマイナスになるのはしょうがない。」と考え方も理解できるけれど、多少のマイナスどころかほとんどゼロに戻ってしまうようなケースも多い。
出産直前まで、男性と同じように努力を重ねてキャリアを積んできているのに、急に突き落とされるような感じ。積み重ねてきたものを失いたくないのは、女性だって母親だって自分と同じだということが想像できてない方が結構多いような気がする。

私自身も「1歳ごろから息子を保育園に預けてます」と言ったら、ベテラン診断士の方にびっくりされたことも1度や2度ではない…。「保育園ってそんなに早くから預けられるの?」とおっしゃる方も^^;
皆さんとてもジェントルなおじさまばかりで、決して悪意でおっしゃるわけではないので、悪く思うことはないけれど、やはり残念には思う。
たくさんの企業を見てこられた方々でもそうなのだったら、推して知るべしというか。
今まで支援先で育休をとった人はいなかったのかしら…??と思うが、おそらくあまり意識されることがなかったのだろう。育休は1年とか1年半とか法律上のことはご存知でも、1歳児を保育園にあずけている姿をイメージされたことがないのかな…と。(それとも親に預けるものと思っている?ほんとのところは謎。)
どうも50代以上の男性には、乳幼児を持つ母親が働いているというイメージがない方が多いようだ。クライアントでも、「商品特性上、育児経験のある優秀な女性を採用したいが、そんな人いない」と言い切られた。

少子化と言われつつも、なかなか実態がリアルに伝わっていないところがもどかしい。
ブログやTwitterで、少しでも理解が広がるといいな。

コメント

私も、「0歳から保育園に行かせてます」って話をすると、おじさま達からちょっと引かれたりします(苦笑) ときどき、「私って極悪母?」と思うこともあります。
幼稚園と保育園の区別がついていない方も多いですね。

でも実際、乳幼児がいて、親が傍にいない場合、やはり自分のキャリアをあきらめてしまうケースが圧倒的に多いのが事実なのでしょう。育休を1年以上取得できる人も、中小企業ではごくわずか(というより、皆無?)気がします。

世間の認識を変えていくには、まだまだ時間がかかるのでしょうね。
もどかしいけれど、少しずつ認識を広めていくしかないと思っています。
お互い頑張りましょう^^

新たなバリア

お久しぶりです。「自閉症の中小企業診断士」yamadaです。自閉症といえば、当然のことながら、日常生活はラガードになります。
私事、Twitterを使いこなせる日はいつになることやら・・
世間は「バリアフリー化」等と言われますが、こうした文明の利器の出現は他ならぬ「新たなバリア」でしょう。

miki_rengeさま

うちも正確には0歳児(9ヶ月)からです^^
幼稚園と保育園の区別ついてない方、確かに多いですよね!
現実問題として解決が難しいことは多々あるのですが、せめて認識の(大きすぎる)ギャップだけでも埋められるといいなぁと思います。
保育園に預けて働くなんて普通のことなのに…。

夜の会合はなかなか出られない、と言うと、「え、でも8時くらいまではいけるでしょ。普通に仕事してるんやから」と言われたことも(お子さんのいる男性)。そうだなぁ~、私も独身時代の感覚ならそうだったな~と思いました。

yamadaさま

こんにちは。私もTwitterはまだまだ完全には使いこなせておりません。
やらねばならぬというようなものでもないので、興味に応じてやれたらいいのではと思います。
人によって様々な関わり方ができることも、Twitterの魅力のように感じます。

twitter からきました。chiezowです。
私はITメインとは言え、経営コンサルティングに関わる仕事をしています。

なかなかこの業界、男社会が抜けません。
定時で帰る=使えない、こういう対応があからさまです。(ひがみかなぁ)

周りは気遣ってはくれるけれど、やはり子育てをリアルに感じている男性は少なく
「飲み会、たまにはいいでしょ?」みたいなことは、私も普通に言われます。

フリーで働かれているんですね。
会社員とは違うたいへんさもたくさんでしょうけれど、ちょっとあこがれます。

chiezowさま

コメントありがとうございます!嬉しいです。
私もTwitterでお見かけして、出産後にコンサル会社とは、すごい方がいる~!と感服しておりました。

私は子育てしながら会社員として頑張るのは、ハナから諦めて、逃げてしまったクチなので…。

フリーでやっていて、運良くいい感じで仕事をさせていただいていますが、(職種等によって)誰もがそうしたらいいと勧められるわけでもなく、企業で戦いながら頑張っておられる方には本当に頭が下がります。
どんな業界でも、制限があっても能力を最大限活かして働けるようになるといいなと切に思います。
ご苦労とても多いと思いますが、頑張ってください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mamashindanshi.blog86.fc2.com/tb.php/112-5feab903

 | HOME | 

プロフィール

chisako

chisako
独立中小企業診断士。
元ゲームプロデューサー。
7歳双子♀♀5歳♂の3児の母。38歳。
お仲間の方、どうぞよろしくお願いいたします!
特に、ママ診断士&勉強中の方、よかったら声をかけてくださいませ。

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • Twitterでワーキングマザーの声を聞く
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年03月27日 (土)
  • 16時35分03秒
by AlphaWolfy

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

2017年04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

 

メールフォーム

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

あわせて読みたい

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。