五足のわらじ -ママ診断士のブログ-

3児を育てながら、フリーの中小企業診断士として活動中。 仕事・育児・家事とバタバタの毎日ですが、自分の人生に満足できる生き方を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトルネックは体力

最近は落ち着きましたが(落ち着きすぎか!?というくらい)、ずっと忙しい日々が続いていました。

「時間がない」といつも思っていて。

でもよく考えると、時間に対してできていることが少なすぎる…。

と、今をときめく方々の効率化の本をいくつか読んでみました。

結果を出して定時に帰る時間術(小室 淑恵著)
「残業ゼロ」の仕事力(吉越 浩一郎著)
では、要は気合(←要約しすぎ)だと書いてある。
確かにその点でも、色々と反省すべき点はあります。

でも、特に新鮮だったのは、
効率が10倍アップする新・知的生産術(勝間和代著)で、

「集中力」=「体力」

と断言されてたこと。

もちろん、集中力を高めるための管理手法の有効性は、プロマネしてたくらいなのでよ~く知ってます。
でも、「分かっててもできない」というのは、確かに「体力」がボトルネックになってる!と思い当たるフシがいっぱいありました。

・肩こりから来る頭痛で月に1~2日は使いものにならない
・短時間の仕事でもドッと疲れてしまう
・リビングの掃除の途中で2回も休憩してしまう(笑)

そんなわけで、ここのところはじめた対策は2つ。

○がんばりモード
サーキットトレーニングに半月前から通い始めました。
3日坊主を恐れてましたが、今のところ週3日くらい通えてます。
お客さんやスタッフが主婦の方なので、おしゃべりが盛り上がるのが、なかなか楽しいです。
飽きないで続けられたらいいんですが。

○甘やかしモード
そして、自分を甘やかして、こんなのも買っちゃいました。フジ医療器「サイバーリラックス」。
マッサージに通う時間をこれで節約、できるかな!?


「もうダンナとかいらんわ~」と口走ってしまうくらい、極楽です。
スポンサーサイト

笑える運動会

土曜は保育園の運動会でした。

このブログ、仕事を中心に書いてたら、子どもの話題はなんか大変そうな暗い話ばかり…。なので、たまには日常風景もたらたらと書いてみます。

2歳児クラスの下の子は、かわいらしく、ダンスと三輪車レース。
6月生まれなので、比較的上手でした^^

上の子はついに最上級生!
バルーン、親子騎馬戦、組立体操、リレーと見せ場が多いプログラムでした。

保育園で組立体操ってちょっとびっくり。
どんくさいわが子たちですが、がんばって扇やタワー(3人)を作ってました。

騎馬戦は親子競技。「騎馬戦なら夫に…」と思ったら、ウチの子双子やし!
下の子を先生に預けて、私も17kgの子を背負って参戦です。
お父さんたちに比べたら背が低いので、必死で背後に回りこむ作戦をとったのに、ふと気づいたら子どもの両手は私の肩に…。
手を伸ばさないととれへんやん!

2チーム対抗のリレーは、間違いなくクラスで一番遅いわが双子が、昨年に引き続き、2人してトップバッター。
「本気で走ってるのか?!」と思えるほのぼのとした走り。「ふたごちゃん、かわいい~(笑)」と声が聞こえてきました。
バトンが渡るたびに速い子になって、最後はすごい迫力!
夫のひとこと「世界観が違うなぁ~」
確かに、三頭身アニメと実写ドラマみたいな違いがありました。
一応、靴は、「駿足」を買い揃えてみたんですけど^_^;
私が幼稚園のときとどっちが速いか比べたい…
しかし子どもたちは、「速く走れた!」と満足してました。

家に帰ってからは、3人で組立体操をしてました。
身長差が大きいながら、ちゃんとできてたけど、なんでタワーつくるのに下の子が下やねん。

感動というより、つっこみどころ満載の、大笑いの一日でした。
でも、がんばる子どもたちは普段以上にかわいかったです。

来年は上の子は小学生。
来年からは2回も運動会があるとは!参観も、発表会も、懇談も!
比較的まとめて産んだウチでもゾッとします。
今年だけでも3回も、保育園行事が仕事や研修と重なってるのに…。

あれっやっぱりこんな話題になってしまった!

ビジネスプラン募集中!

私が参加している女性診断士の会「ピザの会」では、今年もビジネスプランコンテストを実施しています。
今まさに、応募期間真っ最中です!

締め切りは10月20日。
http://www.w-pizza.com/

2週間しかありませんが、頑張れば2週間あれば書けます!
女性でなくても、女性向きビジネスでなくても問題ありません。
スマート書けてなくても大丈夫。
恥ずかしくないので何かプランのある方はぜひ出してみてくださいね。

ワクワクするプランをお待ちしてます!

プロコン育成塾で「型」を得る(予定)

先日は、診断協会兵庫県支部の「プロコン育成塾」第一回目を受講してきました。プロのコンサルタントを育成する研修です。
これは昨年度スケジュールがあわずに泣く泣くあきらめたものなので、念願の受講です。
(でも今年も2回も保育園の行事と重なってしまっているのですが…)

昨年は同期合格の方も何人か受けられていたので、焦りを感じたりもしてましたが、結果的には今年でよかったかも。
少しなりともコンサルの経験をつんで、問題意識がはっきりしてきたところなので。

今回の受講の最大の目的は、コンサルティングの「型」を少しでも身につけたいということ。

今は何でも一から自分で考えて組み立てているような有様で、1回の訪問でも多大な準備時間をかけてしまっています。

とっさにこたえねばならない相談の現場でも、体系的に検討した上での回答というよりは、パッと思いついたことをそのままお話してしまっていることも多々あります。

どうにも足元がグラグラなのですよね。
時間がかかるし、確信を持ちにくいし、最適じゃないし。

なかなか型どおりにはできないタチの私ですが、
型があって、そこを基地にして応用するなら、とても効率がいいと思うんです。


この兵庫県支部の「プロコン育成塾」では、診断実務があるのが特徴のひとつなのは知っていたので、少なくともその中で、他の受講生のやり方や先生方の指導の中で、パターンをいくつか盗める(?)のではと期待していました。

でも、昨日はさっそく、自分の中で整理できずもやもやしてたことがスッキリと体系化されていたり、「これは使える!」という視点がいくつも出てきたりと、本当に有意義な講義でした。これからの予定を見ても一日一日が値千金な感じで、とても楽しみです。(保育園の行事、どうしよう~(>_<))
何よりも、この育成塾は運営してくださっている先生方がすばらしいです。皆さん以前から存じ上げている先生方ですが、実力・実績がすばらしいのはもちろんのこと、後進を育てるために、こんな手間のかかることを情熱を持ってご尽力くださる人間性に改めて感銘を受けました。
兵庫県支部には、早くもものすご~くお世話になっていますが、改めていい支部に入会できたものだと感謝します。

 | HOME | 

カレンダー

2008年10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

メールフォーム

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

あわせて読みたい

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。