五足のわらじ -ママ診断士のブログ-

3児を育てながら、フリーの中小企業診断士として活動中。 仕事・育児・家事とバタバタの毎日ですが、自分の人生に満足できる生き方を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに出会えた!

4月以降、新しい仕事を受けていくにあたり、大きな障壁だったのが、やはり子どものこと。

・遠方の仕事(朝早い、夜遅い、泊まり)
・遅い時間の仕事
・終了時間の読めない仕事
・何が何でも休めない仕事

これらの仕事を受けるのは今までの状態では困難でした。

特に、休めない仕事(時間の変更がきかない仕事)であるセミナーや相談員、多くの人が参加する会議などは、子どもの万一の急病の際の手当てができてないと、怖くてとても受けられないのです。万一とはいえ、3人いれば結構な確率です。(特に昨年はよく病気したし…)

でもそんなこと言うてたら仕事ないっちゅうねんッ。

夫は週の半分は出張、そうでなくても帰宅は深夜、土曜祝日は仕事という人なので、ほぼすべての責任は私の肩に乗ってます。(-_-;)

今までは、下記のリソース(という言い方は失礼ですけど)の中で何とかやりくりしてしのいでいました。
(休めない日は、万一の時に来てもらえるよう、1ヶ月前から空けておいてもらったり)

・夫…土曜の午前と夕方以降、日曜、出張じゃない日の朝。
・父…シフト制の仕事(夜勤)の合間と休みの日。家まで車で50分。
・母…シフト制の仕事(全日)やその他の用事の合間。家まで電車なら80分。
・姉…シフト制の仕事(午前か午後)や小学生育児の合間。家まで車で40分。
・義母…夜の仕事や用事の合間。家まで電車で80分。
・シッター会社…前日18時までなら確実に手配可能。当日は9時から受付で手配に数時間。
・病児保育…満員でない時のみ。実際に預けられるのは急病なら10時ごろから。車で20分。
・ファミリーサポート…近隣は受け入れ先が少なく激戦で使ってない。病児は不可(地域によって違う模様)。


この中からベストの方法を選ぶのは複雑すぎなのです!
しかも急な話だと確実な手段はないのです!

有難いことに、みな、できる範囲での協力はしてくれます。が、家族に頼むのは、月に何度もというわけにはいきません。自分の仕事のために、他の人の仕事の調整をさせるのもおかしな話です(夫は別だと思ってますが!)
あまり知らない人だと子どもにも負担なのも問題です。(祖父母や姉なら子どもは大喜び)
大体、いつでも他人を入れられるような清潔なウチではないし(^_^;)

シンプルで、確実で、子どもにも相手にも私にも負担の少ない方法がないか、ずっと模索していました。
多少高くついてもいい、近所に住んでて、本当に困ったときに、親身に考えてくれる、もうひとりのおばあちゃんみたいな人がいればいいのに…なんて思いながら。

早朝から事務局が受け付けてくれるシッター会社がないか、近所にフリーのシッターさんはいないか、友人でシッターを頼めそうな人はいないかなどなど…

さがして、あきらめて。(→せめてダンナが週に1日くらいは出張減らしたらな~)
さがして、あきらめて。(→せめてダンナが月に1回くらいは19時に帰ってきたらな~)
さがして、あきらめて。(→せめてダンナが年に1回くらいは早退してくれたらな~)

探すたびになぜか夫への恨みが募ってきて、そのたびに言葉を選んでいってみるものの、けんもほろろ。
もうどう言ってもこのヒトは変わらんとあきらめて、改めてもう一度探したとき、やっとやっと見つかりました!!!!

4月から個人でこぢんまりとシッター業を開業されるつもりの方。
ご自身はもちろん、お仲間との協力体制もある。
ご自宅にも保育スペースがあり、ウチからは車で5分、運転されるので送迎も問題なし。
24時間に携帯にメール&電話OK。病児保育OK。家事支援もOK。料金も業者よりはずっと安い。
保育士さんなので、子ども3人でもバッチリ(2人が限界という方も多いのです)。
働く母親を応援する気持ちが強く、とてもとても心強い!どうしても休めない日は、あらかじめお知らせしておけば、万一の時に預かれるようできるかぎり調整してくださる、とまで。
「子どもは皆で育ててもらったらいいんです。お母さんひとりでやらなくていいんです」と言ってくださいました。
子どもたちも楽しく遊んでもらって大満足でした。

たまにこんな、ありえない確率の出会いがあります。
恵まれています。探し続けてよかった。

問題は、今年元日に小さなHPをアップしたばかりなのに、すでに何件か問い合わせがきているとのこと…。人気が出すぎるのでは…というのが一番の心配です。

われわれはSEO対策やwebマーケティングに腐心してるというのにxxxx
まだスタート前の話なので、今の時点で絶対安心、とはいえませんが、すごく自由になった気分。
うれしくてうれしくて。

万一の病気のために、縛られてる状態がとても大きなストレスでした。
そんなにしょっちゅうじゃなくていいんです。ときどき、保育園からはみだしちゃうかもしれないときでも、安心して仕事を受けられたら。

こんな方が増えてくれるといいのですが!
スポンサーサイト

障害者福祉施設コンサルティング研修

先週は、標記研修に参加してきました。
大先輩miki_rengeさんが書かれていた記事の大阪会場版です。

自分の今までの仕事上の経験や、想定していたドメインからは、かけ離れた分野!
でも、9月にこの研修の案内を見た瞬間、ビビッと来て、有休をいただいてまで、申し込みました。

miki_rengeさんに習い、「福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出」で予習して臨みました。

セミナーはとても充実していて、長丁場ながら飽きさせない内容・構成でした。

平均月給1万円と言われる作業所や授産施設に、経営のノウハウを取り入れて利益を出し、月給を増やそうという取り組みがテーマ。
自立支援法は批判も多いですし、ニーズも一様ではないのでしょうが、障害者年金とあわせれば自立できる方、そこまではいかなくても、自分の自由になるお金ができることで生活が活気づく方などの例を聞くと、意義のある仕事だと思います。

もともと、「母親としての経験が活きる仕事なのでは…」と思ったのが、「ビビッ」と来たひとつの理由。
言語能力のない赤ちゃんや子どものニーズを、小さな兆候から読み取ったり、相手に分かるように伝えるコミュニケーション能力、
子どもの発達時期や個性に合わせて対応する個別対応力、
理不尽とも思える行動への対応や、成長を待つ忍耐力。
決して同じとは言いませんが、共通点が多少はあるのでは、と思ったのです。

また、親になるとき、きっと多くの人が思うだろうこと…「自分の子に障害があっても(後天的なものも含め)、その子の人生を引き受ける覚悟が自分にあるのか?」ということも、3人分の思いがあります。私の子が障害をもったなら、一番心配なのは、自分の死後の生活だと思うのです。自立の道がひとつでも多ければ、ずっと心が軽くなるのでは…と。
赤ちゃんの時からウチの子と一緒に育ってきたお子さんが、自閉症と診断されたと泣きながら話されたときの、自分の無力感は忘れられません。

あともうひとつ。講師の方もお子さんを持つお母さんでした。
お話していて盛り上がったのは、働いて収入を得る充実感は、出産等で仕事から離れていた時の経験から、強く共感できるということ。
育児中では、一人前に働くのは困難。でも部分的にでも仕事をしたいという気持ちを持つ人も多いのです。「残業できない、出張できない、病気の時に休む、などと中途半端に働こうなんてプロ意識が足りない。育児に専念したら?」などと言われたら、かなりツライです。
私にとっては、収入のない日々は、乳児の育児中とはいえ、自尊心の損なわれる日々でした。(家族からの扱いが悪かったわけではないのです)
小さいながらも仕事を再開したとき、どれだけワクワクしたことか。

もちろん、主婦にもいろんな考えの人がいるように、障害者の方も個性も、力も、志向もそれぞれでしょう。
でもきっと、仮にできる範囲が比較的小さくても、働いて、自分の力を発揮することで、幸せになれる障害者の方がたくさんいると思うのです。

ということで、難しい仕事ですが、チャンスがつかめたら、ぜひとも挑戦していきたい分野だと思っています。
今週末もイベントに顔を出してくる予定です。

※「障害」の表記は議論のあるところですが、研修タイトルに習いました。

今年はチャレンジの年に

寒中お見舞い申し上げます。
(…新年の挨拶に間に合わなかった…)

昨年はとても充実していたものの、余裕のない毎日でした。
仕事の中で、自分に足りないものや新しく挑戦したいことがたくさん見えてきたのに、取り組むこともできず、日々バタバタと過ぎていくだけでした。


今年は、じっくりチャレンジの年にしたいと思っています。

そこで、思い切って仕事を入れ替えることに。
1番拘束時間の長かった、外勤の仕事を、3月末で契約更新しないことにさせていただきました。この仕事はとてもとても勉強になりましたが、もう少しチャレンジできる仕事を模索したいとの思いから、思い切って決断しました。

ほかの仕事も諸事情で休止中だったり、継続や新規案件が未確定だったり、ヘタしたら4月から専業主婦?!みたいな状況です。

今ある案件が全部決まっても、4月以降のスケジュールはきっとガラガラ。

条件が違うので、ちゃんと決まれば収入面では最低限確保できそうですが、スケジュールが空いてると不安になりますね。

でも、空けないと新しいものは入らない!

しばらくは、
営業努力もしつつ、
勉強もしつつ、
案件にはじっくり取り組みつつ、
のんびりする時間も持ちつつ、
ご縁を待とうと思います。

プレスリリース PR会社

 | HOME | 

カレンダー

2008年01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

 

メールフォーム

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

あわせて読みたい

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。