五足のわらじ -ママ診断士のブログ-

3児を育てながら、フリーの中小企業診断士として活動中。 仕事・育児・家事とバタバタの毎日ですが、自分の人生に満足できる生き方を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母入院

月曜から、母が入院していて、明日退院します。
と言っても白内障の手術のための入院でしたので、それほど大げさなことではないとのことでした。
手術も無事成功し、とてもよく見えるようになったと喜んでます。

今日はチビたちを連れてお見舞いに行ってきました。
もう元気だったので、孫たちに会えて喜んでました。

ところで、私は出産も入れて4回開腹手術をしましたが、入院中、いつも来てくれたのは母。
ダンナより、ずっと心配して通ってくれたのは母。

「完全看護だから1人で大丈夫」といつも言ってましたが、無理してよく来てくれました。何かと持ってきて欲しいものもあるし、術後で動けないとき、「あれとって」とかちょっとしたことまで看護師さんにはそうそう頼めないし、やっぱり助かりました。

母も、「忙しいんだから、来なくていいよ。」と言ってましたが、年をとってからの手術で不安もあるだろうし…と、できるだけ行きたかったのですが、いけたのは今日も入れて何とか2回。
しかも1回は、勤務後に保育園延長して行ったので、居られたのは30分ほど。

そういえば昔、入院中、同室の方で、今の私と同じくらいの娘さんが毎日来てた方がいたなぁ…。

もちろん父も、2度の手術中を含めて何度か行ってるし、姉も1度行ったとのことですが、やっぱりちょっと、2回というのは薄情かなぁ。父とは決してラブラブではないし(^_^;)

実はまた、今回の術前検査で別件の懸念点が見つかって、7月頭に検査入院をするそうです。もしその懸念が正しければ、引越しなどで溜まった過労も一因になりえるとのこと…。
母には子守でよく頼ってしまってましたが、ちょっと遠慮したほうがよさそうです…。
孫に会えるのも、張り合いにはなってると思うんですけどね。
スポンサーサイト

家事時間の確保

前回の記事とは逆にも見えますが、家事時間をきちんと確保するのも必要だと感じています。

家事に時間をとりたくない心理がいつもあるらしく、ちゃんと時間を確保していないのが、逆に悪循環を生んでいます。いつも後手にまわるから、時間が足りなくなるし、溜まりすぎて効率が悪いし、溜まってるのを見ると何をするにも不快でイライラするんです。

家事時間の確保については、「子どもがいるときは、家事・育児時間と割り切り、PCをつけない!」という方針をたててはみました。これは子どもがいるときに仕事を排除することで、子どもとゆったり接するという目的も大きいです。
しかし、振り返ってみると、なかなかできていません。
実行できた日はなかなか落ち着いていられていいのですが、仕事が溜まってたり、メールチェックすらしてなかったりすると、ついついPCのスイッチを押してしまうのです…。

これは反省です。来週から、またやろう。ホントに。

しかし最近、下の子の寝つきが悪くて、つきあってるうちにほぼ確実に一緒に寝てしまうので、夜の時間がとれないのも問題です。本格的な仕事はできなくても、メールの1本や2本は出したいことも多く…。
本当はそれなら早起きするのがスジなのですが、早く寝ても早起きすると眠いのはなぜでしょうか?!
同じ睡眠時間でも、遅寝より早起きの方が、日中眠い気がします。

-----------------------------------------
お礼

すっかり遅くなってしまいましたが、先日お願いした、お子様のおられる方へのアンケートにご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました!
とてもとても助かりました。
当選された方には、すでに連絡を差し上げました。
個々にお礼メールを差し上げるべきところですが、プライベートなこともお聞きしたので、却ってご不快の方もおられるかと思い、ここでお礼に代えさせていただきます。
本当に、ありがとうございました。
-----------------------------------------

時間を買う

先日、お風呂のカビとりがなかなかできなかったので、思い切って、バス・トイレ・洗面の掃除をハウスクリーニング業者に頼んでみました。
高くついたけれど、ピカピカになって、ひとつ面倒な仕事が減ってホッとしました。

4月から仕事を増やして忙しくなったのですが、しんどいばっかりなのはイヤなので、ずっと時間の捻出策を考えています。
睡眠時間もできれば削りたくないし、仕事や育児の手を抜くのはよろしくない、となるとターゲットは家事。

そう、家事が、一番、頭の痛いところなのです。
家事は、できれば、やりたくない。

幸い、仕事を増やしたので、収入も増えてます。
大したことはないので、まだまだ後ろめたさもありますが、チビたちもいることだし、多少お金を使って楽をしてもバチは当たらん、と検討しています。そのひとつとして今回の依頼となったのでした。

ほかにも色々と検討してみました。

直接的な方法としては、シルバー人材センターに週1で家事サービスを依頼すること。(家事サービス業者よりずっと安いし、チビたちがいることで喜んで来てくれる方もいるかも~という下心あり)
しかし他人を家に入れる煩雑さも気になり、そこまでする思い切りもつかず、問い合わせもせずに保留中です。

あとは、「食費の心理的予算を増やす」こと…。
心理的と書いたのは、ちゃんと予算を決めて、家計簿つけてるような「素敵な奥さん」ではないからです。
ただ、外食でお金を使うのはあまり気にしてないくせに、スーパーではなぜか妙に主婦感覚になってしまう私。
可能な限り100g100円まで、とか、つい、色々な限度額を設定してしまってます。
自分の料理の腕では高い食材はもったいない、わざわざ作るのに高くつくのは許せない、という心理があるようです。
おかげで買える食材が限られ、料理のバリエーションが少なくて悩んだり、別のスーパーに行くはめになったり。
数百円高くてもよし、とするだけで、手を出せる食材が増えるので、簡単な調理でもバリエーションが出せ(※)、悩む手間が省けます。もちろん買い物も省力化するので、案外効果がありそうです。
※だからといって手の込んだ調理をしているわけではなく、ただ悩んでいるだけであります。

それから挑戦したかったのは、デパ地下のお惣菜。
職場の帰りにすぐ寄れるのです。
今までは、ちょっと寄ってみても、「高いなぁ~」となかなか上手に買えずにいました。
そこで今度は、「デパ地下は外食予算と思うべし!」
と心に決め、とりあえずサラダを買ったものの……
フツーのパックのポテトサラダが約600円!
やはり撃沈。ついていけませんでした。
家で食べると結局片付けは発生するので、外食予算と割り切れないのですよね…。
もっと「ご馳走感」のあるメニューにすればよかったのか…。
ご飯は炊けばいいから、とおかずを買おうとしてましたが、お弁当のほうがお買い得なのでしょうか?
心理的に抵抗の少ない、上手なデパ地下利用方法を誰か教えてください。

食材宅配も魅力を感じていますが、マンションがオートロックで受け取りがやっかいそうでこれも積極的になれません。

本当は、もうちょっと夫が使えたら一番いいのですが~!
なかなか思うようにはいきませぬ。

実家の誘致

書きたいことはたくさんあるのに、なかなかアップできないchisakoです。

GWの頭に実家が引っ越しました。
一軒家を売って、マンションを買い、ローンをなくすことが第一目的でした。

ところで、私は2人姉妹です。

姉はどちらかというと専業主婦志向でパート勤め、小4の息子1人。
私よりずっと世話好きです。実家とは車で30分足らずの距離。

私は仕事志向でチビ3人。実家、姉家族と比べると、家計の状況はマシな方。
実家とは車で50分、電車で90分。
月に1~2度、都合があえば、子どもを預かるために来てくれていますが、日常の残業等に対応するのはムリな距離。
(同じ姉妹で志向が正反対なのが不思議です。子どもの数も逆の方が自然なのも日本の社会の皮肉なところ?!)

働く女性にとって、実家の存在は超重要ポイントです。
私としては、もし実家がごく近くに来てくれれば、かなり安心して働けます。
日常的に頼るわけではなくても、イザというときの病気や、残業、夜の予定など時々入れられるゆとりがあると、仕事の自由度がぐんとあがります。夢が広がります。
両親としても、幼い孫たち(もちろん姉の息子もですが)に会うのが生きがいのひとつ。
子どもたちにとっても、見ず知らずのシッターさんやその他の協力者より、祖父母の方が安心できます。病気のときや夜ならなおさらです。
両親ともまだ仕事をしていますが、あと何年続けられるか分からない状況です。

引越し先を決める前に、一応口説いてみました。
「お母さんが子どもの面倒を見て、私がもっと働くほうが経済効率がいいよ。イザというときの(経済的)援助もできるだろうし。」

すると姉からも誘致作戦(?)が…。
「お母さんたちに何かあったときに、すぐ駆けつけられる距離にしてくれないと!」

うーん、これは何となく負けた感じ。
3人育てながら、介護をする自信は、正直ありません。

どっちも、子どもの面倒を見て欲しいという下心は、多かれ少なかれ、あるわけなんですが(^_^;)


というわけで、結局は物件の価格帯の問題もあって、もとの実家の近く、かつ姉宅から車で15分程度の場所に落ち着きました。ウチからは、やや遠くなってしまいました。


やっばり、ちょっと、残念。

 | HOME | 

プロフィール

chisako

chisako
独立中小企業診断士。
元ゲームプロデューサー。
7歳双子♀♀5歳♂の3児の母。38歳。
お仲間の方、どうぞよろしくお願いいたします!
特に、ママ診断士&勉強中の方、よかったら声をかけてくださいませ。

表示中の記事

  • 2007年05月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2007年05月27日 (日)
母入院
2007年05月27日 (日)
家事時間の確保
2007年05月20日 (日)
時間を買う
2007年05月12日 (土)
実家の誘致
by AlphaWolfy

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

2007年05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

 

メールフォーム

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

あわせて読みたい

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。