五足のわらじ -ママ診断士のブログ-

3児を育てながら、フリーの中小企業診断士として活動中。 仕事・育児・家事とバタバタの毎日ですが、自分の人生に満足できる生き方を目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども3人追加!?

追加っていうのとはちょっと違いますが…。
里親制度に興味を感じていることを前回書いたあと、調べたり検討したりして、ささやかながら、自分が今できる2つのことをはじめました。

ひとつは、関係あるようなないような…ですが、ワールドビジョンというNPOにて、3人の子どものチャイルドスポンサーになりました。途上国の特定の子どもに対して、一ヶ月あたり4500円を寄付するしくみです。様々な組織で実行されているしくみで、「世界里親」とも呼ばれるそうです。その子の写真や手紙などが送られてきて、交流もできるというのが魅力。(ただし、ここのは実際の支援はその子の住む地域への支援になります)
3年以上前からずっと気になってたのに、なかなか腰を上げられず…。今期は予想以上に売上も大きかったので、どうせなら今期中に(節税…^^;)とようやく始められました。

以前やろうと思ってたのは別の組織のもの。ですが最近はここワールドビジョンがものすごく広告を投下していて目につきます。支援地域も多く、思い切った広告展開にも感心し、経営手腕に期待、ということでこちらにしました。
手続きしたのは一ヶ月前。クリスマスまでに6500人のスポンサーを、というキャンペーンをやってましたが、少し届かなかったの様子(?)残念。

たかだか月に数千円で「里親」とはおこがましくてとても言えませんが、世界に3人の子どもとつながりがもてるというのは何となく楽しいです。
ちなみに、3人分でうちの子たちの1人分の学資保険の掛け金とちょっと。子ども手当(もらえるのか?)1人分の半分ちょっと。です。

チャイルドは、自分の子と同い年、同じ性別の子ということでお願いしました。
バングラデシュの4歳の男の子、ベトナムとケニアの6歳の女の子です。
うちの子どもたちにとっても、世界の様子に興味を持つきっかけになるといいな。今、どんなに豊かな暮らしができてるかということにも気づいて欲しい。

ムリなく継続できるよう、仕事も頑張りたいと思います。


さてもうひとつは、家庭養護促進協会というところの会員になりました。
里親のマッチングや、サポートなどをしているところです。
こちらはとりあえず情報収集に。
シンポジウムなどもされているので、チャンスがあえば勉強したいと思います。
スポンサーサイト

はじめてのなつやすみ

いよいよ小学校は夏休みに入りました。
(明日まではインフルエンザ休校の回復授業がありますが…)
保育園はお盆すら開園しているので、本格的な夏休みは我が家では初めて。

とはいえ、ウチは学童に行ってくれるので、朝行って、夕方帰って来て…と同じといえば同じ。
幸いにも幸いにも幸いにも、お弁当も不要!←ここ、非常に重要。
世のお母さん方には申し訳ないくらいの状況です。

でも、なが~い夏休み。私が子どもの時はものすごく楽しみにしてたよな~。
学童でも色々な企画をしてくれて、とても楽しそうだけれど、ありあまる時間だかこそできることもある。
うちでぼんやりする時間も大事だった。
しかも今年は土曜の仕事が多くて、週6日学童&保育園。

なので思い切って、月曜は基本的に休みをとることにしました。
…できるだけ。(弱気)
平日に休むのってなんでこんなに勇気がいるのでしょうか。

土曜のかわりなので、大した足しにはならないけど、子どもと過ごす時間にしようと思います。


一緒に絵を描いたり、お菓子をつくったり、自由研究を考えたり、ジクソーパズルをしたり、ちょっとお出かけしたり、ぼけーとしたり、いろいろやりたいな~
ベランダプールするにはもう育ちすぎかなぁ。
1人で3人連れてお出かけとなると大変だったけど、小学生ともなればややこしいのはチビだけだし。(といっても、歩いてるだけで邪魔なので気を使うけど…)

でも、私が休みをとることに大喜びしたのは下のチビだけでした。
上の2人は、「どっちでもいいけど~」みたいな^_^;
学童が楽しいみたいで、それひそれで結構ですけどね~。

民間の学童へ

ふたごは間もなく小学生です。

色々と不安いっぱい!
保育園にはとても甘やかされて、融通をきかせていただいてるので、小学校や学童ではそうはいかなさそう…と戦々恐々という感じでした。

小学校の説明会では、「習い事に行くときは、必ず一度帰って、ランドセルを置いて、お母さんの顔を見てから出るようにしてください」なんて、専業主婦前提!?だし。
(働く母の間では、学童が早く終わるので、習い事でつなぐ…なんて話もあるのに。)
保健の先生がまた働く母に厳しいらしく、熱が出たら即お迎えに行かないとえらい怒られるらしい。「ベッドは2つしかないので寝かせてられない」とか「仕事場が遠くて時間がかかるなら、なぜお迎えにきてくれるように近所の人と関係を作っておかないのか」などと言われるそうです^_^;

学童も公的な児童館はいかにも融通が利かなさそう。(多分ですけど…)
・ルールがビシッと決まっていて、それにしっかり従わなければならない感じ。当然と言えば当然のことですが、小学校で疲れた後に行くところなので、ウチの子がリラックスできる場なのか、ちょっと不安。
・場所も微妙で、普段通らない道を通って長く歩くので、迷わず行き来できるか心配。できるようになっても、急にできなくなるのが子ども。
・土曜や長期休暇ではお弁当が必要なのも気が重い。
・習い事も当面は送迎が必要そう。習い事の荷物はどうしたらいいのか。
・仕事が遅いときは、1~2時間は留守番させないといけない。
などなど不安だらけ。

給食のある民間の学童もあるのですが、家から遠かったり、同じ学校のお友だちが少なそうだったり、親の参加の負担が大きかったり、2人だとえらく高くついたり、と結局公的な学童に決めたつもりでした。

子どもたちには悪いけど、とっても重い気持ち。
保育園の雰囲気と小学校や学童の雰囲気があまりにも違う気がして、子どもの負担も心配だし、私もちゃんとやるべきことができるのか不安でいっぱいでした。
正直、しばらく仕事減らさなきゃ…とも思ってました。

そしたらなんと、新しい学童が小学校の前にできるという情報が!
慌てて行って話を聞いてみると、
・昼食・おやつは手作り
・兄弟割引で2人目半額
・送迎サービスあり
・習い事への送迎もあり
・18時半まで
・警報発令時は朝から開所
・お盆も開所
おお~っ!
場所もよくて、通学路がとてもシンプルに!
お弁当も要らない!
保育園には間に合うけど遅くなる日は、18時半までお願いして、送迎を頼めばいい!
習い事も心配ない!(荷物も置いておいてくれるらしい)

何より、なんとなくですが、「ここなら楽しくてくつろげる場所になりそう!」と思えたのがポイントでした。
ながーい夏休みも、色々な企画を考えておられて、とても楽しそうです。「時間を潰す場所」ではなく、「積極的に通いたい場所」と"私自身が"思えたのが嬉しかったのです。
(※児童館もきっと楽しいのでしょうけど、なんとなく、のんびりなうちの子がやっていけるのか心配で…)

不安で気の重かった入学も、楽しみになってきました。(私が)
楽観的すぎるかもしれないけど、重荷が取れたような感じ。

とはいえ、この学童はまったく新しい組織で、独立されたばかりの方の運営。理想どおりにはそうそういくわけもなく、不安もいっぱいありますが、代表の方のお話にはとても共感できたので、賭けてみたいと思いました。

あと、面白いのが介護施設との併設であること。
一応部屋は2つありますが、基本的には一体で過ごすようです。
だからこそ、手作りの食事が実現するようです。看護師さんも常駐。
まだどんな方が来るかも決まってないので分かりませんが、お年寄りの方とのコミュニケーションで、色々と学んでくれるといいなと思います。

とにかく破綻せずに経営を続けて欲しい…というのが切なる願いです。

笑える運動会

土曜は保育園の運動会でした。

このブログ、仕事を中心に書いてたら、子どもの話題はなんか大変そうな暗い話ばかり…。なので、たまには日常風景もたらたらと書いてみます。

2歳児クラスの下の子は、かわいらしく、ダンスと三輪車レース。
6月生まれなので、比較的上手でした^^

上の子はついに最上級生!
バルーン、親子騎馬戦、組立体操、リレーと見せ場が多いプログラムでした。

保育園で組立体操ってちょっとびっくり。
どんくさいわが子たちですが、がんばって扇やタワー(3人)を作ってました。

騎馬戦は親子競技。「騎馬戦なら夫に…」と思ったら、ウチの子双子やし!
下の子を先生に預けて、私も17kgの子を背負って参戦です。
お父さんたちに比べたら背が低いので、必死で背後に回りこむ作戦をとったのに、ふと気づいたら子どもの両手は私の肩に…。
手を伸ばさないととれへんやん!

2チーム対抗のリレーは、間違いなくクラスで一番遅いわが双子が、昨年に引き続き、2人してトップバッター。
「本気で走ってるのか?!」と思えるほのぼのとした走り。「ふたごちゃん、かわいい~(笑)」と声が聞こえてきました。
バトンが渡るたびに速い子になって、最後はすごい迫力!
夫のひとこと「世界観が違うなぁ~」
確かに、三頭身アニメと実写ドラマみたいな違いがありました。
一応、靴は、「駿足」を買い揃えてみたんですけど^_^;
私が幼稚園のときとどっちが速いか比べたい…
しかし子どもたちは、「速く走れた!」と満足してました。

家に帰ってからは、3人で組立体操をしてました。
身長差が大きいながら、ちゃんとできてたけど、なんでタワーつくるのに下の子が下やねん。

感動というより、つっこみどころ満載の、大笑いの一日でした。
でも、がんばる子どもたちは普段以上にかわいかったです。

来年は上の子は小学生。
来年からは2回も運動会があるとは!参観も、発表会も、懇談も!
比較的まとめて産んだウチでもゾッとします。
今年だけでも3回も、保育園行事が仕事や研修と重なってるのに…。

あれっやっぱりこんな話題になってしまった!

「五足のわらじ」の由来

五足ってのは大げさですが…。

(1)診断士(卵)・SOHOプランナー・母・主婦・自分…、色んな顔のバランスをとるのに精一杯の毎日だから。

(2)5人家族で小さな靴がたくさん玄関に並んでいる様子が、なんとなく我が家を象徴しているように思えるから。


要するに毎日ごちゃごちゃしてる感じですね。

 | HOME | 

プロフィール

chisako

chisako
独立中小企業診断士。
元ゲームプロデューサー。
7歳双子♀♀5歳♂の3児の母。38歳。
お仲間の方、どうぞよろしくお願いいたします!
特に、ママ診断士&勉強中の方、よかったら声をかけてくださいませ。

表示中の記事

  • プライベート
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2009年12月28日 (月)
子ども3人追加!?
2009年07月22日 (水)
はじめてのなつやすみ
2009年03月19日 (木)
民間の学童へ
2008年10月13日 (月)
笑える運動会
2006年12月27日 (水)
「五足のわらじ」の由来
by AlphaWolfy

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

2017年07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

 

メールフォーム

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

あわせて読みたい

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。